青空を探して~エイミー34歳カナダ・カレッジライフ~

人生30代からがエキサイティング☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

34歳のバースデー

今年の誕生日は、誰にも言わないで、ひとり密かに祝おうと決めていました。

バンフでの生活も始まったばかりだし、知り合ったばかりの人達に、義理でお祝いしてもらうのも気が引ける。何よりも、まだ研修中の身。今の仕事に慣れるまでは、何となく落ち着かない。それに、正直、34歳って年齢はちょっぴり重く、「人生これから」なんて言っている段階は、もうとっくに過ぎてしまったのかもしれないなんて思ってみたり・・・。
毎年恒例の、自分自身への誕生日プレゼントも、今年は見送り。今の仕事に就けたことが、最大のプレゼントのような気がするから。一日一日を大切に、焦らず、楽しみながら、エイミーらしいホスピタリティーと笑顔を、日々、お客様に提供できればと思っています。

フロントデスクでの研修も、もうすぐ終盤。1週間後には、一人でデスクに立つことになります。大きなホテルなので、覚えなければならないことも多く、焦りがないと言えば嘘になります。昨年の夏、ジャスパーの小さなホテルで働き始めた時は、たった2日の研修のみで、3日目からはフロントデスクに立っていました。その後、1週間ほどは、フロントデスクマネージャーと一緒に働き、10日目からは、たった一人でビクビクしながらシフトをこなしていました。

今年は、専属トレーナーによる3日間の研修(講義)。その後は“シャドーウィング”と言って、一人のフロントデスクスタッフに研修生が一人付き、実際の仕事を見ながら覚えていくというトレーニングが2週間半。合計3週間の研修です。昨年、3日目から現場に放り出された経験があるので、エイミーにとって、今年の研修はややスローに感じます。良く言えば、焦らずに済むとも言えますが・・・。ま、皆、始めはこんな感じらしいので、その流れに身を任せることにしましょう☆トレーニングの速度も、どのフロントデスクスタッフと一緒に仕事をするかによって、かなりの差があるような・・・(汗)。内部事情も色々と見えてくるシャドーウィングです。アハ。

昨日、研修2週目を終えました。初日は、ホテル内で右も左もわからなかったエイミー。昨日、2度ほど、簡単な場所まで、お客様をご案内することができました。初めて使う、Opera(オペラ)という、フロントデスクのコンピューターシステムも、少しずつ手になじみ始め、チェックインやチェックアウトの基本的な操作も取得しつつあります。「始めは、皆、何が何だかわからない状態からのスタートなのよ。そのうち、必ず流れが理解できるようになるから」というトレーナーの言葉を信じて、来週もはりきっていこうと思っています。

少しずつ、周りの人達のことも理解しつつあり、「この人達とだったら楽しく仕事をしていけるかな」と思える同僚や上司も発掘(!)しつつあります。もちろん、全員が素晴らしい人達、なんてことはありえないですが、出来る限り多くの人達と信頼関係を築いていけたらと思っています。

このバンフでの新しい生活が、エイミーの34歳のバースデー・プレゼントとなりますように☆

DSCN0925.jpg

バンフの象徴カスケード山とボウ川です。
スポンサーサイト

ようこそ、ロッキーマウンテンへ!

6月8日(金)に、カルガリーからバンフへ移動しました。カルガリーからバンフまでは、グレイハウンドバスで約1時間40分。カルガリーの市街地をぬけると、あっという間もなく、緑の生い茂る山々に囲まれます。そこから更に先へ進むと、ゴツゴツとした岩山が姿を現し、景色はぐっとロッキー山脈らしく。山の頂にある残雪が、太陽に反射しキラキラと眩いばかりになり、空の青さも一層深みをおびます。

Welcome to Rocky Mountains (ロッキーマウンテンへ、ようこそ)!

ロッキー観光の最大拠点となる山岳リゾート、バンフ。夏は、ハイキング、マウンテンバイク、カヌー、ラフティングなどの、様々なアウトドア・スポーツ、そして冬はスキーやスケート、スノーボード等を楽しむことが出来、一年中、観光客が絶えることはありません。ダウンタウンには、約200軒ものお店が軒を連ね、連日、夜遅くまでショッピングを楽しむ人々で賑わっています。バンフからアクセスできる主な観光地は、レイク・ルイーズ、コロンビア大氷原、そしてジャスパー。そのどれもがカナダ有数の景観を誇り、世界中からの観光客を魅了しています。

日本人観光客からも、絶大な人気を誇るバンフ。ダウンタウンには、日本人経営のお店や旅行会社も多く、英語に自信がなくても比較的仕事が見つかりやすいことから、ワーキングホリデーの若者達が多く集まる場所でもあります。実はエイミー、7年ほど前に、ワーキングホリデー・ビザでカナダに滞在していた際、職探しのために、短期間バンフに滞在したことがありました。その時は、あまりの日本人の多さに閉口し、「これじゃあ英語の勉強にならないな」と思い、バンフよりも小さな町、ジャスパーへと向かいました。

今、改めて周りを見渡してみると、思ったほど、日本人の多さは気になりません。むしろ、日本人、または他の国からの人々がいてくれた方が、地域の中での異文化理解が深まり、生活や仕事がしやすい環境が作られるように思います。また、エイミー自身の今の目的が、“英語を勉強すること”から、“ホテルでキャリアを築いていくこと”に変わったため、日本人がいようがいまいが、気にする必要がなくなったとも言えます(単に気にする余裕がないだけ?)。

6月8日にバンフへ到着し、ホテルのスタッフ寮での生活が始まりました。今は、フィリピン人のルームメイトと、2人部屋で共同生活をしています。来週から、レッドディアカレッジのクラスメイトが、同じホテルで働くことになりました。せっかくだから、知っている友人同士で同じ部屋に住もうと、今、準備を進めているところです。仕事は、現在、トレーニングの真最中。覚えることがたくさんあり、時間がかかりそうですが、「これならなんとか大丈夫そうかな・・・」という気持ちになりつつあります。とにかく、まずは始めの1ヶ月。そして次は3ヶ月と、着実に進んでいけば、自ずと道は開けるはず。カナダ人の若造に出来て、エイミーに出来ないはずはないっ(笑)!

8月末までに、カレッジへ提出しなければならないレポートが、あと5つほどあるので、なかなか開放的な気分を楽しむことは出来ませんが、早く生活&仕事を軌道に乗せて、バンフの自然を満喫できるようになりたいなと思っています。

DSCN0923.jpg

寮の周辺に住んでいる地リスです。カワイすぎる・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。