青空を探して~エイミー34歳カナダ・カレッジライフ~

人生30代からがエキサイティング☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

33歳のバースデー@カフェ・モンドウ

遅ればせながらご報告いたします。
エイミー、6月28日付けで、めでたく33歳となりました♪
32歳の誕生日には、カナダ行きを目前にワクワクしていたエイミー。今年は、マウンテンロッキーの美しい景色に囲まれて、心穏やかにバースデーを迎えました。

6月中旬、まずは、6月が誕生日の友人と一緒に、ホテルに併設されているバーで、バースデー・パーティーを開催。レストランのエグゼクティブ・シェフに注文して作ってもらったバースデー・ケーキに舌鼓を打ちます。甘さ控えめの大きなショートケーキを、狂喜に打ち震えながら(笑)たらふく食べてみました。オホホ☆その後、ピザをテイクアウトして、屋外でディナー。大好きな山、"マウント・エディスカベル"を眺めながら、とろけたチーズの下から染み出る、絶妙なトマトソース味を堪能!久しぶりに食べる、ピザ専門店の味に涙(もちろんウソ。でも、美味しかったのは本当)。

6月28日は、"カフェ・モンドウ"で、ダイアリーを片手にバースデー・コーヒー。
このカフェは、以前は"Jasper Marketplace"という町一番の活気あるカフェで、連日、大勢のお客さんで賑わっていました。その居心地のよさに、エイミーも、店員さんと顔見知りになるくらい頻繁に足を運んでしました。そして今年、「あのカフェ、まだ健在かな~?」と、意気揚々と訪れてみると・・・な・ないっ!マーケットプレイスが、そっくり丸ごと消えてるっ!?ガックリしながら立ち去ろうとしたその時、一枚の張り紙を目にしました。"マーケットプレイスは、向かいの赤い屋根の建物へ移動しました"
ホッとすると同時に、時の流れを感じることしばし…。以前の庶民的なカフェのイメージに比べると、少しお洒落にグレードアップした雰囲気の新星カフェ・モンドウ。いつも入り口のガラス扉が閉まっていて中が見えにくいこともあり、何となく足を踏み入れることが出来ずに、6月を迎えていました。

「よ~し、33歳の誕生日の朝は、奮発してカフェごはんしよう!」
数週間前から、そう心に誓っていたエイミー。当日は、飛び入り参加が加わり、あまりのんびりともしていられなかったのですが、マーケットプレイスから引き継がれた、芳香漂うコーヒーを味わいながら、様々なことに思いを巡らせました。

この夏、カフェモンドウでは、小さな写真展が開催されています。
ジャスパー在住のフォトグラファーが、10年ほど前にインド・中国・チベットを、バイクで6ヶ月間旅した時に撮りためた作品が、カフェの白い壁にいろどりを添えています。
「何でまた10年前の写真なの?」と思われる方もいらっしゃると思います。実は、このフォトグラファー、エイミーの友人でもあるのですが、10年前に撮った写真の存在を、いつの間にか忘れてしまっていたそうです。そして、今年の春、過去の作品を整理していると、若い頃に旅した時の写真の色合いが、現在でも鮮やかで、その質を保っていることを発見。何か、今後のビジネスにつながらないかと、可能性を求めて、今年の5月、バンクーバへと向かいました。

ポートフォリオが入ったバックパックを背負い、一日中歩き続けること数日。交渉先から返ってくる返事は、「サンプル写真をEメールで送ってください」という、つたないものばかり。ある日、とうとう都会の喧騒に疲れた彼は、重たい足取りで帰路につきました。
ジャスパーに到着後、駅の近くでタクシーを拾い家へ向かう途中、タクシードライバーに一部始終を話します。すると、ドライバーが思いついたように彼に言いました。
「そういえば、うちのワイフが、カフェに飾る写真を探しているよ」
そう、そのドライバーのパートナーが、カフェ・モンドウの経営者だったのです。その後、話がとんとん拍子に進み、5月末からの写真展の開催へと至りました。

エイミー自身が、今から9年ほど前に、中国&チベットを一人旅したということもあり、この写真展には、何か感慨のようなものを感じずにはいられませんでした。当時の街の人々の様子や、厳しい気候や住環境、それでもたくましく生活している、力強い瞳の数々。英語が出来れば、世界中を旅できるという、言語の可能性に気づいたのも、丁度、この旅の最中でした。あの旅があったからこそ、今の私がいる。
過去と現在の多くの想いを重ね合わせながら迎えた、33歳のバースデーでした。

hana.jpg

上司(女性)からいただいだ、バースデー・ローズ。うっ、美しい…。
スポンサーサイト

恐怖・ネコ屋敷

12日から、ルームメイトのうちの一人が、ノバスコシアの実家に里帰りしています。1軒の家を4人がシェアしている共同生活ですが、一人少ないと、人口密度も少なく快適☆・・・のハズだったのですが、とんだ置き土産が・・・。タイトルでもうお気づきの方もいるかと思いますが・・・そう、ネコちゃん達です♪

「3週間、ネコの面倒を見てくれたら、ノバスコシアのお土産買ってくるからね~。」
と、ルームメイト(実質、家を管理して家賃を払っている人)のジョーさん。
そ、そんな簡単に、他人に生き物の世話を頼んでもいいんですか?それも、さっ、3週間!?確かに、2人のルームメイト達と共同で世話をすれば、エイミーの苦労も半減する計算ですが、何せ彼らはピヨピヨの若者達。台所の食器もろくに片付けられないのに、人のネコの世話まではねえ~。おまけに、彼ら自身もネコを1匹買っているので、ジョーさんの子猫ちゃん達には目もくれません。そんなこんなで、ついに、エイミーに白羽の矢がっ!

「餌は1日2回、朝と夜に。トイレ(猫用)のお掃除は、私は1日に3回しているわ。そうしないと臭くなっちゃうから。あと、1週間に2回ほど、"Treat(お楽しみ用特別食)"があるから、これをあげてね。"Boys, treat!!" と叫びながら缶を開けると、遠くからでも喜んで飛んでくるから」
「オ、オーケー・・・」
っつーか、叫ばなきゃいけないのか、あたしがっ!?
「それから、これ、ポスト・ボックス(郵便局にある私書箱)の鍵。月曜日と火曜日は、いつも広告がたくさん入るんだけど、それはいらないから捨てちゃってね。あと、冷蔵庫の食べ物で、3週間もちそうにないものは、何でも食べていいからね」
ハイハイハイ・・・こーなったら、残飯処理でも何でもやりますよ。
「あと、あの2人(ルームメイト)も、1週間ほど旅行に出かけるらしいから、その間はあなたが1人になるから、何でも好きなようにしてね」
「彼らは、ネコを連れて行くんですか?」
「う~ん、多分、置いていくと思うわよ。後で聞いてみて」
うげげっ!あたしが3匹の世話をするんかい!?

そして、ジョーさんが実家に帰ってから、本日で2日目。せっかくの休日の大半を、お掃除に費やしているエイミーです。
まずは、冷蔵庫がターゲット。食べかけの具沢山スープが、カップに入ったままで放置されているのを発見。カビが生える前に処分してしまおう。傷みかけのレタスや、変色した使いかけのアボガドも。こりゃあ、衛生上よくありませんねえ~。次に、ネコのトイレ掃除。糞専用のゴミ箱を、開けてビックリ。まさにあふれる寸前。エイミー、爆発寸前(笑)。どうすれば、こんなに一杯になるまでほおっておけるんじゃ~?

と、とにかく、始めが肝心ね。汚いものは、さっさと片付けてしまおうっと・・・。
忙しくお掃除するエイミーの背後に、子猫達の"遊んで☆"という熱い視線が。ハイハイ、後で遊んであげるから、今は、そっとしておいてくださいな。そっ、そんなに擦り寄ってこなくてもいいから、大人しくお昼寝してなさい・・・。

ネコ好きのお友達が、近々、家に遊びに来てくれることだけが、唯一の希望の光となっているエイミーです♪

cavel.jpg

シティー・トレイルから見たエディス・カベル山。この景色がとても好きで、ほぼ毎日この道をお散歩しています。

Happy Canada Day!!

7月1日は、カナダの建国記念日、カナダ・デー。
エイミーにとっては、2回目のはずの祝日ですが、前回はダウンタウンから離れた場所で働き暮らしていたので、カナダデーらしさを味わったという記憶がありません。ということで、今回は思う存分、カナダの建国記念日を満喫しようと心に決めていました。

ダウンタウンでは、朝からイベントが目白押し。

9:00a.m.~
Pancake Breakfast
2ドルでパンケーキの朝食が食べられるという、北米らしい祝日のスタートです。お皿とフォーク&ナイフは各自持参すること(このローカルっぽいところがカワイイぞ!)。

10:30a.m.~ , 2:30p.m.~ & 7:30p.m.~
Historical Walk
ジャスパーにある歴史的建造物を、パークスカナダの職員と共に歩いて巡る1時間半のツアー。普段は、参加料が2ドルかかるのですが、今日だけは無料!このチャンスを逃す手はないっ!

11:30a.m.~
Flag Raising Ceremony
メイプルリーフの国旗掲揚。その後、バースデーケーキが振舞われます。カナダという国のためにケーキを作るという発想がとってもキュート。ちなみにこのケーキ、エイミーの働くAホテル内にあるレストランのシェフが、毎年担当しているそうです。残念ながら、エイミーはこのバースデーケーキは食べられなかったけど、きっと、カナダ流にめちゃくちゃ甘くて美味しかっただろうな~。

1:00p.m.~
Parade
ジャスパーを拠点とする会社やホテル、団体等が、思い思いの装いで、メインストリートを闊歩します。本日のメインイベント。

2:30p.m.~
Centennial Park Activities
子供のいる家族向けに、様々なゲームやフェイス・ペインティングなどが楽しめるイベントです。

8:30p.m.~
Faces of Fire
野外ステージで、劇を観覧。

11:15p.m.~
Fireworks
最後の仕上げは花火で盛り上がろう!

当日は、朝8時から夕方の4時までフロントデスクに閉じ込められていたエイミー。しかし、ラッキーなことに、Aホテルはジャスパーのメインストリートに立地しているため、勤務中にパレードを見学することが出来ました。外に出て、デジカメで写真を撮っちゃったもんね~。あはは。こんなフレキシブル(!?)な働き方が出来るのも、小さなホテルならではなのかしらん、と改めて実感。

夕方は、友人と一緒に、ヒストリカル・ウォークに参加。歴史的建造物と言っても、せいぜい80年くらいしか経っていない建物がほとんどですが、ジャスパー国立公園の開拓の歴史を振り返ることが出来て、とても興味深いものがありました。そして、野外劇に続き、花火を観覧。たった15分間の打ち上げ花火であっという間に終わってしまいました。日本の、迫力満点&芸術的な打ち上げ花火が大好きなエイミー。「何これ?ショボイんだよっ(怒)!」というのが率直な感想(笑)。でも、ここはカナダ。そしてロッキーマウンテンにある人口5000人にも満たない町ジャスパー。そんな立地条件を考えると、この町なりに精一杯、頑張ったんだろうな・・・とも思えます。一年に一回、町の人達が、とても楽しみにしている打ち上げ花火。パン・パンという小さな音と共に、カナディアンロッキーの山々に、その淡い影を映し、瞬く間に夜空へと消えていくその様は、少し切なくもありました。

来年のカナダデーは、どこで迎えるのかなあ・・・。

Happy Canada Day!

parade.jpg

parade2.jpg

勤務中に写しちゃった(!)パレードの様子です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。