青空を探して~エイミー34歳カナダ・カレッジライフ~

人生30代からがエキサイティング☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張れ、ESLクラス!!

インターナショナルクラブのプレジデントになった当時から、ずっと願い、周囲に働きかけていること。
「ESLクラスの学生達に、もっと活躍の場を提供したい」

ESLとは、English as a Second Languageの略語で、英語を学ぶ専門クラスのことです。レッドディアカレッジでは、“Continuing Education(生涯学習)”クラスの一環として、この英語クラスが開催されています。レベルは1から5まで。各レベル、4ヶ月のカリキュラムが組まれていて、レベル5を修了すると、TOEFLのスコアがなくても、カレッジの学部に入学することが出来ます。

生徒層は様々で、老若男女、国籍は16カ国を超えるほど。カナダに移民してきた人達、英語を勉強しにきた留学生、カレッジの学部に入学するための準備コースとして勉強している留学生など、英語を学ぶ目的もそれぞれです。

学部生に比べると、ESLの学生は、カレッジの行事やクラブ活動に参加する機会が格段に少なく、単独のカリキュラムのため、カナダ人学生達と交流する機会もあまりありません。イコール、クラス以外の場でカレッジ生活をエンジョイし、なおかつ英語力を身につける手段が限られているということです。

エイミー自身、ワーホリでトロントに滞在していた時、英語学校に通っていた経験があります。授業はそれなりに楽しかったけれど、先生以外の一般のカナダ人と知り合う機会はほとんどありませんでした。4ヶ月通っては見たものの、結局、実についたのは、多少の語彙力と簡単な言い回しのみ。むしろ、その後、ハウスキーパーとしてホテルで働き、カナダ人の同僚たちと一緒に暮らたことで、会話力が(多少)アップしたと思っています。

本物の英語力を身につけるためには、クラスで、先生の話を聴いて指名されたときだけ英語で答えているだけではダメ!思い切って、教室から飛びださなくちゃっ!

昨年2月のインターナショナル・ファッションショー以来、ESLの学生達を、もっと、カレッジの表舞台にひっぱりだせないものかと、あれこれ考えていました。ESLの学生達にとっては、教室で習った英会話の実践の場となるし、カナダ人学生やスタッフ、そしてインストラクター達には、異文化を学ぶ絶好のチャンス。インターナショナルクラブこそ、留学生とカナダを結ぶ最適の場所!

まずは、クラブの存在を知ってもらおうと、ESLの全クラスを回り、ショート・プレゼンテーション。資料を配布し質疑応答もこなします。このエイミーが、たった一人でクラスに乗り込んで、学生達を前に演説(笑)するなんて!その後も、インターナショナルクラブのイベント等の案内は、こまめに&積極的に。ESLの学生と校内で会えば、挨拶を交わし、ESLインストラクター達とも頻繁に連絡を取り合うように心がけます。

最近、少しづつですが、クラブの行事やインターナショナルセンターのイベントに顔を出してくれるESLの学生達が増えてきたように思います。インストラクター達も、とても協力的。いい兆しです。エイミーは、この4月でカレッジを離れますが、これからもESLクラスが、国際交流の立役者として積極的にカレッジの表舞台に立ち、学生達やスタッフの意識向上と、カレッジの国際化に貢献していくことを心から願っています。

welcomewinterparty2.jpg

1月に開催された、インターナショナルクラブ主催“Welcome Winter Party”のひとこま。ダウンタウンのチャイニーズレストランから出前してもらった中華料理のビュッフェです。その味とボリュームに、皆、大満足☆
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。