青空を探して~エイミー34歳カナダ・カレッジライフ~

人生30代からがエキサイティング☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異文化理解への長い道のり

昨日、クラスメイトのステフからEメールが送られてきました。送られてきたというよりも、タイトルが“FW:”で始まっていたので、転送されてきたと言ったほうが正しいかもしれません。

そのタイトルは…
“FW: shocking video of dolphins being slaughtered in Japan(日本での、イルカが大量殺戮されているショッキングなビデオ)”

そして、本文には、ステフの友人からと思われるメッセージ。
“This is terrible. Please sigh and send on... we must make people aware of this!(これはひどすぎる。(イルカ大量虐殺の反対の意思表明として)サインをして、転送してください。私達は、このことを人々に伝えなくてはいけません)!”そして文末に、とあるウェブサイトへのリンクが貼ってありました。

「何じゃこりゃ??」と思い、リンク先を訪れてみると・・・。カリフォルニアに拠点のあるとある団体が主催する、ビデオ投稿ウェブサイトにたどりつきました。ユーザーが“世界で今起こっている出来事”として、好き勝手にビデオを投稿できるホームページです。その団体の詳細はわかりませんが、連絡先を見ると、カリフォルニアのマンションの一室にオフィスをかまえているよう。きっと、個人が経営しているホームページなのでしょう。

そして、そのイルカ大量虐殺とやらのビデオをチェックすることに。“dolphins(イルカ)”というタイトルと、静かに流れるBGMに引き続き、浅瀬で数十頭のイルカが飛び跳ねている映像。次に、漁船に追われ、小さな港へとイルカが追い込まれている様子。そして、網にかかった後、暴れないように、銛で突かれていくイルカの群れ。

確かに、映像だけを見ると、残酷と感じるかもしれない。でも、よく考えてみると、マグロ漁となんら代わりのない光景。よく知らないけれども、かつては鯨も、食用として大量に出回っていたことを考えると、イルカの肉を食べる習慣のある地域があるのかもしれない。そうだとしたら、このどこが“slaughter(大量虐殺)”なんだ?

さっそく、イルカの食用利用について、ウィキペディアフリー百科事典で調べてみることに。すると、ありましたありました。あまり知られていないけれども。日本のごく一部の地域で、イルカを食用として用いる習慣があるそう。エイミー、全く知りませんでした。

そして、そんな文化的な背景を何も知らないくせに、センセーショナルな“大量虐殺”として、エイミーも含め15人近くの友人達に、そのEメールを転送した、ステフのデリカシーのなさに、怒り爆発。何も知らないカナダ人の若者達がその映像を見たら、“日本って、何て野蛮な国なのっ!”と思うに違いありません。そんな誤解は絶対に避けなくちゃ。

Eメールでの議論は、相手の顔が見えないので、あまり好きではないのですが、一刻も早く事を収集するために、ステフに返事を書きました。あまり感情的にならないよう、細心の注意を払いながら、日本人としてのエイミーの意見を伝えます。

Hi Steph,

I am not sure why you send the email to me and the other people. What is your message? Do you have any back ground story about that? Is this really "slaughter"?

(なんで、あなたがこのメールを、私と他の人たちに送ったのか、よくわからないんだけど…あなたの言いたいことは何?このことについての背景を知っているの?これって、本当に“大量虐殺”なの?)

People look like they are fisher men. I am not sure why they are catching the dolphins, but there should be a reason why they are doing that. I do not know but some people might eat dolphin just like wheals. Yes, Japanese used to eat wheals. I did when I was small. Because it is our tradition since hundreds or thousands years ago. It is our cultural way. It is just like Aboriginal people catch dolphins. Why can you say it is "wrong"? If you do not know anything about that, you should not have spread the email to people.

(ビデオでイルカを捕っている人たちは、漁師だよね。私には、何のために、彼らがイルカ漁をしているのかわからないけれど、何か理由があるのは確か。よく知らないけど、鯨のように、イルカを食べる人たちがいるのかもしれない。日本人はかつて鯨を食べていたから。私も、小さいときに鯨の肉をたべていたよ。なぜかって、それがずっとまえからの習慣だから。それが私達の文化だから。アボリジニの人たちが鯨漁をするのと同じこと。何で、そのことを“間違っている”って言えるの?もし、あなたがその背景について何も知らないのなら、こんなふうにEメールを転送するべきではなかったと思うよ。)

Please remember, there are hundreds different cultures and people have hundreds of living way. You can not pick up just one video and say "look, this is terrible", because you never know what is going on in the world. Especially, it is from the internet and you never know the true story. We have just learned about that from the electronic marketing class... We really have to be careful about the information from emails and the internet. Please think and respect different culture. Please learn and understand different ways before you send any kinds of message like that email.

(どうか、これから先、忘れないで。この世の中には、本当にたくさんの人達が暮らしていて、星の数ほどの生き方があるよね。たった一本のビデオを取り上げて、“ちょっと、これはひどいよ”って決めつけるべきではないんだよ。ナゼかって、あなたは、世界で何が起こっているか知らないでしょ?特に、このビデオはインターネット上の情報で、それが本当に正しい情報かなんてわからないんだから。インターネット・マーケティングの授業で、つい最近勉強したじゃない?インターネットやEメールの情報は、気をつけて扱わなくちゃいけないんだよ。お願いだから、自分のしていることをよく考えて。そして、異文化を尊重して。Eメールを転送する前に、“異なる”生き様について、もっとよく学んで考えてみてね。)

Thank you,

Ami

エイミーが、どうしても許せなかったのは、この出来事が、異文化理解に関わっていたからです。この2年間、“違うってことは素晴らしいことなんだよ。自分の持つ異文化を誇り、周りに伝えていこうよ!”と、インターナショナルクラブの活動を通じて、カレッジの学生達や教職員達にアピールしてきました。そんなエイミーを、少なくともクラスメイト達は理解してくれていると思っていたのに・・・。

でも、冷静に考えてみると、多分、ステフは、そこまで深く考えてメールを転送したわけではなかったのだろうなと思います。イルカが捕獲&殺されるシーンを見て、“ヒドイ、皆に知らせなくちゃ!”と思ったのでしょう。それにしても軽率すぎるっ!

異文化を、学び、理解し、真に受け入れることの出来る社会を築くには、まだまだ長い道のりだと気づかされた出来事でした。

DSCN0786.jpg

留学生の食卓(その2)
ある週末の優雅な(笑)朝食です☆
スポンサーサイト

コメント

トトさん、こんにちは。お元気ですか?カルガリーにいらっしゃるんですね。ようやく春が近づいたかな・・・という矢先の、先週の雪・雪・雪。さすがのエイミーも、「こりゃ、やっぱりカナダだわ」っと心底、納得してしまいました。友人によると、アルバータの天候はとても変わりやすいのが特徴だそうですが、たしかにその通り・・・。お互いに、カゼなどひかないようにしましょうね☆早く温かくならないかな・・・。

  • 2007/04/09(月) 04:12:43 |
  • URL |
  • エイミー #-
  • [ 編集 ]

お久し振りです。

 ご無沙汰しています。 2週間前にここCalgaryに到着しました。 寒いですねえ。 
 いつもご活躍、楽しく見ていました。 イルカの話、確かにビックリしますよね。 私も日本の一部の地域にそんな習慣があるなんて知らなかったので、えぇ!?と思いましたが、ちゃんと調べて、きちんと反論できるエイミーさんは素敵な方ですね。 私もしっかり自分の意見が言えるように勉強していきます。

  • 2007/04/09(月) 02:46:24 |
  • URL |
  •  トト     #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。