青空を探して~エイミー34歳カナダ・カレッジライフ~

人生30代からがエキサイティング☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人の友達

レッドディアカレッジに在籍している日本人留学生は6人。そのうちの2人は、秋学期終了後に帰国してしまったので、冬学期からは4人になります。
こじんまりとした学校とはいえ、校舎のつくりは入り組んでいて複雑。教室が様々な場所に散らばっているため、休み時間は常に急いで移動しています。9月中は、授業やクラスメイトに慣れることと、身の回りの生活環境を整えるので精一杯。10月はミッドターム、11月はグループプロジェクトに忙殺され、気がついたら12月のファイナル(笑)。他の日本人留学生達とも、ほとんど会話を交わす余裕のないまま、今に至ってしまいました。

冬休みに入り、ルームメイト達も実家に帰ってくれたし、時間もたっぷりある。この機会に、是非、家に遊びに来てもらおう!時々、図書館などで顔を合わせることがあり、ゆっくりと話をしたいなと思っていた友達を夕食にご招待することに。

電話以外で日本語を喋ったのは、実に2ヶ月ぶり。英語で話す時のように、常に言葉を探しながら会話をするのではなく、何も考えずに自然に表現出来るのは、やはりネイティブ・ランゲージならでは。意思疎通も早くて爽快!

短時間でしたが、内容の濃い会話が出来、とても楽しかったです。ちなみに、おもてなしのメニューはカナダ風テンプラ&とろろ蕎麦。美味しかった~。ウヒヒ。差し入れにいただいた桜茶。「カナダ人にはこの繊細な味、わからないよね」と笑いながら(アハハ)、早春の香りを堪能しました。

せっかく英語を勉強しているのだから、日本人留学生同士も英語で会話をするべき、という考え方もあります。私もワーホリの時は「英語力をUPさせるためには、いつも英語で考え、喋っていなければ」と考えていました。日本人の友人はいらないとまで思っていた時期もありましたし、実際に、1年間のカナダ滞在中に知り合った日本人は5人にも満たないほどでした。

でも、今は少し違う視点で考えています。
カナダで暮らし、学んでいる以上、毎日英語を使っている。多少、日本語で話したからといって、英語力に影響はない。むしろ、本当のバイリンガルを目指すのなら、日本語・英語をバランスよく使い、そのつど頭の中の言語のスイッチを切り替える訓練を重ねたほうがいいのではないか?

また、年を重ねるにつれ、日本人としての自覚というか、バックグラウンドは決して変わることがないのだという、文化に対する重みを感じるようになりました。言葉を大切にするということは、文化を大切にするということ。そしてそれは私自身の存在を大切にする、という所へつながっていくように思います。

ぶっちゃけて言えば、「普段は英語での授業や宿題に追われているんだから、日本人との意思疎通くらい、日本語でスムーズにしたい」ってことなんですけど(笑)。

異国で知り合った日本人同士。うわべだけの付き合いなら簡単だけど、せっかくなら、私のことをもっとよく知ってほしい。エイミーがどんな人で、どんな目的で、何を考えながら留学生活を送っているのか。そして、これからお互いに応援しあっていければいいな♪

久しぶりに、日本人の友達と共に、ホッと一息つくことの出来た夜でした☆

PICT1454.jpg

部屋の窓から見た、今日の朝焼けです。7時半頃に太陽が昇り始め、8時過ぎにようやく空が明るくなり始めます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。