青空を探して~エイミー34歳カナダ・カレッジライフ~

人生30代からがエキサイティング☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナダ日系人と第二次世界大戦

「カナダに住む日系人?興味ないな~。せっかくカナダに住んでいるのだから、やっぱりカナダ人と友達にならなくちゃ」
5年前の私は、そう考えていました。
その頃抱いていた日系人に対するイメージといえば、勤勉、控えめ、そして頑固そう・・・というくらいでしょうか。民族のルーツは同じなのに、とても遠い存在のように思っていました。

そんな気持ちを動かされたのは、ごく最近のこと。第二次世界大戦中の、日系人のたどった運命を耳にした時です。

1939年、ドイツ軍のポーランド侵攻により第二次世界大戦が勃発。同年9月、イギリス軍が参戦。その後、元君主国を追いかけるかのように、カナダ軍も参戦表明。

1942年、日本軍の真珠湾攻撃。連合軍(主にアメリカ・イギリス・中国)VS日本軍との長い戦(太平洋戦争)の幕開けとなる。
そして第二次世界大戦はアジア太平洋地域へと拡大。

カナダでは、全ての日系人は「敵国人」であるという烙印を押され、不当な差別が公然と行われるようになりました。
日本語の新聞は発禁、学校の閉鎖、財産の差し押さえと没収。
極めつけは、太平洋沿岸部から100マイル以内に住む日系人への、強制退去(追放)命令でした。
持ち物をまとめる時間すら与えられなかった日系人たちは、着の身着のままで、住み慣れた土地を後にします。

その後、ヘイスティングス公園(バンクーバ)の退去施設を経由し、内陸部にある、いくつかの強制収容所への移動が始まりました。
収容所以外にも、アルバータ州南部やマニトバ州の砂糖大根農場、道路建設現場、また、オンタリオ州の捕虜収容所へ送られた人もいました。それぞれの場所で日系人達は、劣悪な住居環境と過酷な労働を強いられたのです。


「戦時中はカナダも戦争の加害者だったんだ。強制収容所を作り、日系人を強制的に移動させていたんだ。今は、多民族・多文化が共存するこのすばらしい国でも、かつてはひどいことをしていた」
その事実を知ったとき、正直、ショックでした。
数十年前は、日本人は敵国人であったこと。カナダ政府から日系人への強制退去命令が出されたこと。多くの日系人が、家や財産などの生活基盤を失ったこと。

1945年9月2日、日本、連合軍の降伏文書に調印。終戦。
奪われた人生を取り戻すための、日系人達の新たな戦いの日々が始まりました。

1980年代、アメリカの日系人が、歴史の誤りを正すリドレス(redress)運動を始めます。カナダでも、日系コミュニティーが中心となり、リドレスの声が高まっていきました。

そして1988年、カナダ政府とのリドレス合意。
<主な合意内容>
*戦時中のカナダ政府による日系人への不当な扱いを正式承認
*戦時措置法により犯罪者とされた日系人の名誉回復
*被害者への補償金の支払い
*人種差別撤廃のための日系コミュニティーへの委託金の支払い

戦後40年以上が経過して、ようやく日系人達の新しい人生がスタートしたのです。


歴史の紐を解くにつれ、現在のカナダ日系人に対するイメージが変わっていきました。戦後、彼らが懸命に再建の努力をしてきたからこそ、今のコミュニティーがある。彼らのたくましさ、力強さを感じます。
「日本人として、カナダ日系人の歴史を知らずに、本当のカナダを知っているとは言えないんじゃないか」
カレッジ留学中に、日系人の方とお会いして色々とお話を聞くことが、エイミーの「夢ノート」に加わりました。

戦争はいつも、国の大義名分のために引き起こされます。でも、悲しいかな、犠牲になるのはいつも個人。傷つき嘆くのは、国や政治家ではなく一般市民です。
人間に、もし想像力があるのなら、悲惨な過去から多くを学べるはず。過ちを繰り返さないためには、どの方向に進むべきか。人としての真価が問われる時代に再び入りつつあるのではないか。身の引き締まる思いの今日この頃です。


カナダ日系人の歴史について、もっと詳しく知りたい方は全カナダ日系人協会のウェブサイトをご覧ください♪
スポンサーサイト

コメント

夏の間しか公開されていないんですね。じゃあ、今年はちょっと無理そうなので、来年の夏あたりに行けるかしら?
カルガリーからネルソンまでは、バスで行けるはずなので、それからはレンタカーで・・・ということになりますか?日帰りツアーなんかがあるといいのだけど。でも、一人で行ってゆっくり見たい気もします。その時は、また色々と教えてくださいね♪

  • 2005/08/09(火) 15:08:10 |
  • URL |
  • エイミー #-
  • [ 編集 ]

こんにちは!またまた来ました。
ニューデンバー探してたんですか!こりゃまた偶然。そこの日系人キャンプ跡地は、夏の間しか公開されてませんので是非是非行ってみてください!8月後半以降ならわたしネルソンにいますんで・・・
URLに、ニューデンバー行ったときのブログをリンクしましたので、良ければ見てみてください☆

  • 2005/08/08(月) 09:21:48 |
  • URL |
  • つっちー #-
  • [ 編集 ]

現地情報ありがとうございます☆ニューデンバーは、ネルソンの近くだったんですね!最近、「ニューデンバーってどこかしら?」と、地図を見ていたのですが、小さな町なのでどうやって行けばいいのかと思っていたんです。ネルソン観光もセットにして、小旅行が出来るかもしれませんね!
CBSでは、戦時中の日系人についてのドラマもやっていたんですね。戦争加害者としての過去を、時間はかかったにしても、受けとめ語り継いでいこうとしている姿勢は、日本も見習うところがありそうですね☆

  • 2005/08/04(木) 08:58:23 |
  • URL |
  • エイミー #-
  • [ 編集 ]

日系人の記事に、思わずコメントしちゃいます。
今年の3月から2ヶ月ネルソンに滞在してたんですが(キレイですよー)、そこでかなり日系人に関する話を聞きました。というのも、ネルソンから車で1時間弱のニュー・デンバーという町に収容所があったからです。実際の跡地を見てきました。いくらか手入れされてきれいなものの、当時の面影がそのまま残っていました。ネルソンのあるクートニーエリアはそういう場所みたいですね。
戦時中の日系人に関するCBCのドラマや、「Sleeping Tigers」という日系人野球チームを題材にしたショートフィルムもネルソンで見ました。今もそのエリアではよく語り継がれてますね。

  • 2005/08/04(木) 01:10:07 |
  • URL |
  • つっちー #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。