青空を探して~エイミー34歳カナダ・カレッジライフ~

人生30代からがエキサイティング☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Happy Lunar New Year☆

それは、1月のある日の出来事。
夏のホテル就労実習のビザの件で確認したいことがあったので、カレッジのインターナショナル・センターへ出向きました。そして、インターナショナル・コーディネーターの部屋のドアを開けると…

「ハーイ、エイミー!どうぞ、入って!」
知っている顔(アジア系の留学生)5~6人が勢ぞろい。う~ん、今日は何かあったんだっけ?
「今、イスを持ってくるから待っていてね」
「は、はあ」
エイミー、ビザのことを質問しに来ただけなんだけなんだけど。こんなに大歓迎さちゃっていいのかしらん??ま、せっかくイスを用意してもらったから、とりあえず座ってみる?
「今、Lunar New Year(旧正月)のイベントの内容について話していたところなのよ。これから、役割分担を決めるからね」
え?
も、もしかしてこれは、イベントの打ち合わせミーティング?

2006年の旧正月は1月29日(日)。アジア人留学生達の中から、「是非、カレッジで旧正月を祝うイベントをしたい」という声があがり、インターナショナルクラブとインターナショナルセンターが一緒に企画をすることになっていました。
「旧正月なんてあまり興味がないし、丁度、勉強も忙しいから…」と、あえて「やります!」と言わなかったイベント企画。その初回ミーティングに、アタシ、今、出席してる?

気づいた時は、時すでに遅し。会話が盛り上がる中、スクッと立ち上がり出て行く訳にもいかず、パワフルなアジア人留学生達の渦の中に巻き込まれていくエイミー。1時間後、ようやく自由の身になった時には、“旧正月の食べ物”担当というおまけ付き。これっていったい…。

衝撃的な幕開けとなったエイミーの“Lunar New Year”。
準備を進めていくうちに、色々と興味深いことを発見します。例えば、旧正月を祝う地域。旧正月=中国というイメージでしたが、韓国やベトナム、タイ、ラオスなど、アジアの多くの国々でも、旧正月を盛大にお祝いするそうです。沖縄や奄美諸島でも、旧正月を祝う伝統があるとのこと。う~ん、新たな発見。

正月料理やデコレーションなどの方法は国によって様々。それぞれの地域が個性を出しながら、一斉に旧正月という日を祝います。アジアの中に息づく、悠久の歴史の流れ。国境という表面的な隔たりはあるけれど、根底では、どこかで繋がっているのだという不思議な感覚。そうだ、私、アジア人なんだ。

1月26日(金)、“Lunar New Year”イベント当日。
“食べ物”“ゲーム”“干支”“干支占い”など、いくつかのブースに分かれて、展示を行います。“食べ物”のコーナーでは、餃子や中国茶、アジアのお菓子などの試食を提供。会場は、多くの学生やスタッフで賑わっています。
エイミーの宣伝効果(?)か、ホスピタリティー学科の先生達やクラスメイト達も様子を見に来てくれました。アジアの文化に興味を示してくれるのは、とても嬉しいな♪

少人数での準備は大変だったけど、これだけのイベントを開催できたことに大満足。インターナショナルクラブのイベントは、いつも、なかなかやりがいがあります。
ウキウキしながら、フォーチュンクッキー(おみくじが入っているクッキー)をひとつかみ。中から出てきた紙に書かれていた運勢を読むと…。

“You are always welcome in any gathering.
(あなたは、いつも、どんな集まりにも歓迎されます。)”

何だか、とっても象徴的な言葉…。
今回のイベント参加といい、もしかして、これがエイミーの運命なの(笑)?

エキサイティングな1年になりますように。
Happy New Year!!

lunarnewyear-5.jpg

Forumという、カレッジの中央にある屋内イベントスペースが会場となりました。
lunarnewyear2006-2.jpg

カナダ人の多くは、自分の干支を知らないので、皆、興味津々といった様子でした。ちなみに、エイミーは丑年(OX)。ホスピタリティー学科のボブ(先生)もOXということが判明。OXはとってもStubborn(頑固)なんだそうです(笑)。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。