青空を探して~エイミー34歳カナダ・カレッジライフ~

人生30代からがエキサイティング☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

International Tastes

3月25日(土)、“International Tastes(インターナショナル・テイスト)”がカレッジで開催されました。イタリア、メキシコ、ジャマイカ、ギリシャ、インド、日本など10ヶ国の料理やドリンク、デザートを楽しめるというイベントで、エイミーはアシスタント・キッチンマネージャーとして奮闘しました♪

このイベント、ホスピタリティー学科2年目、冬学期の必修科目“Operations&Entrepreneurship”の授業の一環で、2年生5人からなるグループが、企画、チケット販売、そして当日の運営までをすべて執り行いました。スタッフ採用も大切なプロセスの一環。ホスピタリティー学科の1年生の中からスタッフを募集し、面接、採用、トレーニングまですべて自分達で行います。

スタッフ募集のチラシを見たのが1月の半ば。履歴書とカバーレターを提出し、数日後に2年生とのパネル・インタビュー(ひとりの応募者に対し、数人の面接官がインタビューをする面接)。面接は良い感じでこなせたのですが、「カナディアン学生に比べたら、英語でのコミュニケーション力に欠けるし、きっと採用されないだろうな~」と思っていました。だから、翌日、採用の連絡が来たときは、飛び上がるほど嬉しかった☆

60人のゲストに、10カ国の料理をそれぞれ15分ごとに出していくというビックな仕事。当日は、卒業生がキッチンマネージャーとして応援に駆けつけれくれるとのこと。でも、全ての流れを知っているのはエイミーなので、実質上、キッチンを取り仕切っていかなければなりません。ワクワクと同時にかなりのプレッシャー。

数度のミーティングに事前トレーニング。前日は、別のイベントをお手伝いした後、夜中の12時から1時半まで仕込みに参加。当日は午後2時にキッチン入り。契約上は午後5時からの仕事でしたが、ボランティアスタッフが来るまでに、キッチンの流れをつかんでおきたかったので、早めに厨房へ行くことにしました。

「エイミー、今からは、あなたがキッチンを仕切ってね。分からないことがあったら何でも聞いて。後は、エイミーが“これでいいかな”と思ったら、思う通りにどんどん進めてもらっていいから」
2年生メンバーからの激励の言葉に、嬉しさ反面、本当にこなせるのかしらん?と一抹の不安も。

午後5時。全スタッフが集合。キッチンには、思ってた以上のボランティアが集まり、その数、総勢12人。1年生はエイミーだけで、後は2年生と卒業生。しか~し、学年は下でも年齢はエイミーのほうがかなり上(笑)。引け目なんて感じている場合じゃあないっ。キッチン内に鳴り響いていたラジオを止め、全員を召集。
「今日の手順を説明します。タイムテーブルは壁に貼ってあるとうりです。料理の盛り付けは、この図を参考にしてください。各料理を、15分ごとに出していかなければならないので、7時以降はとても忙しくなると思います」
大きな声で作業の確認。もう、文法の間違いなんて気にしないっ。とにかく、何を言っているかが通じればいいんだ(強気)。

あっと言う間に、イベントの開催時刻がやってきました。料理の仕上げと盛り付けは、キッチンマネージャーのティム(卒業生)にお任せ。エイミーは、いくつかの料理を作りながら、作業がきちんと時間どうりに進んでいるかの確認に走ります。学科長のロン様が様子を見に来てくれたのですが、話をするヒマもありません。

無駄話をする人もなく、皆、黙々と料理の仕上げをしています。ひとりひとりが一生懸命で、そのエネルギーがキッチン内に充満しているようです。
「エイミー、次は何をすればいい?」
「パイはもうオーブンに入っているからね」
「トマトはあと5分で仕上がるよ」
少人数では、とてもじゃないけどこなすことはできない膨大な作業。ともすれば殺伐となりかねないキッチン内ですが、不思議と、ポジティブ&アップビートな雰囲気に包まれています。これが、チームワークというものなのか。料理が次々とプレートに盛り付けられ、ゲストの元へ運ばれていく様子を見ながら、そのスムーズな流れに不思議な感動を覚えました。

料理1(イタリア)
Italian Tomatoes Stuffed With Orzo
(イタリアントマトにオルゾというパスタを詰めたもの)

料理2(メキシコ)
South Western Skewers(サルサ&タコステイストの鳥の串焼き)
料理3(ジャマイカ)
Spiced Beef Turnovers with Mango Chutney
(ビーフパイのマンゴーチャトニーソース添え)

料理4(アルゼンチン)
Black Bean Cakes(黒豆ケーキ)

料理5(ギリシャ)
Cheese Triangles(チーズを揚げたもの)

料理6(日本)
Hosomaki-Sushi (細巻き寿司)

料理7(インド)
Chicken Pakoras(チキン・パコラ)

料理8(スウェーデン)
Grilled Shrimp with Citrus Chutney
(海老のシトラス・チャトニーソース添え)

料理9(オランダ)
Dutch Apple Fritters
(アップル・フリッター)

料理10(フランス)
Crepes Suzette
(クレープをオレンジの果肉と一緒にフランベしたデザート)

最後のフランベに、少し時間がかかってしまったものの、午後10時半、全ての料理がゲスト達のお腹の中へ。会場がクローズとなったのが11時。その後、食器洗いとシルバー(フォーク・ナイフ・スプーン)磨きをを手伝い、12時半、ようやく解放。

「エイミー、本当にありがとうっ!おかげでイベントは大成功だったよ。僕達は、最高のアシスタント・キッチンマネージャーを雇ったと思ってるよ」
メンバーからの嬉しい言葉に、疲れも癒されます。
「エイミー、よく頑張ったね。ティムも褒めていたよ。疲れたでしょう?」ボブ先生からもお褒めの言葉。
「エイミー、さあ、座って。何が飲みたい?ビール?」
じゃあ、帰る前に一杯だけ飲んでいこうかな。

キッチン・アシスタントマネージャー。
すごく忙しい数時間だったけど、本当に楽しかった~。
言葉を超えて、チームをまとめ上げていくという仕事に、計り知れない達成感を感じました。英語はまだまだおぼつかないけれど、仕事に対する態度や姿勢は、言葉以上に相手に伝わっていくもの。2年生や卒業生達が、チームリーダーとしてエイミーを受入れ、信頼してくれたことがとても嬉しく、自信にもなりました。

カナダでマネージャー職に就く。
漠然と目標に掲げていたことだけど、もしかしたら、本当に実現できるかもしれない。いや、絶対にチャレンジしてみたい。
その為に、これから何をしていこうか。まずは、日々の勉強(もちろん!)。そして、もっともっと積極的に発言していくこと。来年は、1年生を指導する機会もたくさんある。言葉が十分でないからと臆せずに、どんどんチャレンジしていこう。

レッドディアも、ようやく日中の気温が7~10度まで上がるようになりました。雪も解け、再び、小川の水しぶきが心地よい音楽を奏ではじめています。
冬学期の授業は4月11日(火)まで。18日から24日までのファイナルテスト(5教科)が終われば、いよいよホテルの就業実習です。それまでに就労ビザが届きますように☆




3010scd.jpg

2月に参加したグローバル・ファッションショーの様子です☆
スポンサーサイト

コメント

今藤さん、こんにちは!
ブログ拝見させていただいています♪
レポートで、このブログを紹介していただいて、どうもありがとうございます。これからもよろしくお願いします☆

  • 2006/04/06(木) 04:55:43 |
  • URL |
  • エイミー #-
  • [ 編集 ]

お久しぶりです!

お元気そうで何よりです!
パワフルでまた元気を貰いました!

実はエイミーさんのブログを私のレポートの中で紹介させていただきました。↓
http://mote-ryu.com/free.report/prelude.html

留学希望者のためのレポートを作ったのですが、
良質なブログでしかも元気をもらえるブログとして紹介させていただきました。

これからも皆に元気とバイタリティーを分けてくださいね!

  • 2006/04/04(火) 22:52:53 |
  • URL |
  • 今藤真大 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。