青空を探して~エイミー34歳カナダ・カレッジライフ~

人生30代からがエキサイティング☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

66点の逆襲!?

Happy New Year 2007!
皆様の1年が、幸多きものでありますように。今年もエイミーを応援してください♪

Contemporary Hospitality Management Theory(現代ホスピタリティー経営論)のミッドターム(中間テスト)で、エイミーを奈落の底に突き落としかけた“66点事件”。(注・“突き落とした”ではなく“突き落としかけた”という表現をあえて使ったのは、エイミーがそんなことでヘコたれるはずはないからです。アハ☆)今日は、その続編です。

「この授業はテキストもないから、君たちはもしかしたら後々、“あのクラスではいったい何を学んだんだろう?”と疑問に思うかもしれない。“形”としては何も残らないかもしれないけど、この講義や授業中のディベートを通じて、今後の実社会での実践につながっていく何かを提供できたらと思っている」
インストラクターの言葉どおり、このクラスは、最もアカデミックで、多くのことを考え、学び取ることの出来たクラスでした。授業内容は盛りだくさん。テストも課題も、ボリューム満点。エイミーのお気に入りの授業でした。

<主な授業内容>
*マネージメント概論
*マネージメントの歴史:
現在のマネージメントスタイルが確立されるまでの歴史的経緯
*マネージメント論各種:
日本語の“改善”からくる“KAIZEN APPROACH”という理論も。“常にその上を目指し、休むことなく努力を続ける”マネージメント手法。意外なところで日本を発見し、ビックリ。
*Quality Control(品質管理):
アメリカ人のDr.W.Edward Deming(ドクター・デミング)が確立した理論。組織内に、全従業員の能力を最大限に生かすことの出来るシステムを導入すれば、経営・品質も自ずと向上するというもの。日本の戦後復興の一翼を担った経営手法でもあります。
*Decision Making(意思決定):
組織の中で、最も効果的な意思決定の方法論を学びました。またケーススタディーを通じて、その理論を実践でも活用できるように練習しました。
*変化への対応:
経済状況、社会環境、人々の意識などなど、様々な変化に柔軟に対応していくにはどうするべきか?
*チーム・ビルディング:
組織内に、効果的なチームを築き上げるには?
*リーダーシップ
*企業倫理
*企業の社会責任
*効率的なミーティング(会議)進行

<試験&課題>
*ミッドターム(中間テスト):2回
*数回にわたるクラス内ディベート(討論)
*小論文1“Kaizen Approach”:“カイゼン・アプローチ”が、なぜ経営にとってプラスになるのかを論じました。
*小論文2“Management's Goal”:効果的&効率的なマネージメントを目指すには何が必要か?ということについてまとめました。
*コンサルタント・プロジェクト:実在する企業に赴き、組織内の問題を聞き取り調査し、解決策を提案しました。

エイミーが、このクラスを通して得たものは、“経営者の目線で物事を見つめ考える”ということ。単に、一スタッフとしてではなく、マネージャー、経営者として、どのように組織を成功に導いていくか。近い将来のための、心の準備をすることが出来たように思います。

ミッドタームで、不覚にも最後のページを見落として、高配点の問題を解かずに答案を提出してしまったことは、とてもショック&ちょっと笑える出来事でした。でも、少し見方を変えてみると、どんな時でも、気を抜かずに、そして謙虚に、コツコツと努力を重ねていくことが大切なのだと、改めて自分自身に言い聞かせる良い機会だったのかな、とも思います。

“66点事件”後のミッドターム(2回目)、小論文、グループ・プロジェクトでは、エイミー大奮闘。それぞれ、期待以上の結果を出すことが出来ました。でも、やっぱり、あそこでコケたことは大きかった!最終成績でも、他の教科に追いつくまでには至りませんでした。
それでも、エイミーにとって、このマネージメントのクラスは、今までで一番多くを学んだクラス。楽しみながら、たくさんの知識を吸収しました。その全ては、エイミーのこれからの人生に、最大限に生かされる
ことでしょう・・・☆

sushi.jpg

ピンク・サーモン(缶詰)をマヨネーズであえて長ネギを入れたものを、巻いてみました。何となくネギトロ(笑)っぽい雰囲気で、食卓が少し和んだ・・・かも!?
スポンサーサイト

コメント

さぁかさん、こんにちは。そして始めまして。2月から、Sylvan Lakeにいらっしゃるんですね。一番寒い時期なので、ちょっとビックリするかもしれませんが、晴れた日は雪景色がとてもきれいですよ!バンクーバ゙と比べると、日本人は本当に少ないですが、全くいない訳ではないと思いますよ。楽しいワーホリ生活を送れるといいですね。この近辺のことで何かご質問がありましたら、いつでもどうぞ☆

  • 2007/01/12(金) 01:40:50 |
  • URL |
  • エイミー #-
  • [ 編集 ]

はじめまして。

こんにちは☆エイミーさんのHPやブログ、内容がたっぷりなのでまだ一部ですが拝見しました。さぁかと申します。
これまではバンクーバーで1年10ヶ月ほど学生をしておりました。今は日本に帰国中です。ワーホリのパーミットを取り、2月から彼氏の実家のあるSylvan Lakeに住むことになりました。日本人があまり居ない地域なので不安です。色々な情報をチェックさせていただけたらと思っています。よろしくお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。