青空を探して~エイミー34歳カナダ・カレッジライフ~

人生30代からがエキサイティング☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I am in. And I am in to win.

昨日、アメリカの民主党ニューヨーク選出上院議員で、クリントン元大統領夫人のヒラリー・クリントンが、2008年の大統領選への出馬表明をしたとのニュースが北米を駆け巡りました。
I am in. And I am in to win.(私は大統領選に立候補します。もちろん、勝つために)”なんて、シンプルで力強い言葉。彼女の、自信と希望に満ちた胸の内を十二分に表しているな~と、エイミー、思わず身震いしてしまいました。

9.11以降、保守派が勢力を維持しているアメリカで、リベラルな気風を保ち続けていくには相当のパワーが必要。まして、男女平等社会と言われつつも、女性であるということが、何かと不利になりがちな世の中で、この大統領選への出馬表明には、並々ならぬ決意が必要だったことと思います。

2003年、国際社会の意見に耳を貸さずに、根拠のないまま始まったイラク戦争。2007年1月21日現在、54000人以上の民間人が、米軍の軍事行為の犠牲になっているそうです(この数は、あくまでも民間人。軍事関係者は含まれません。統計IRAQ BODY COUNT
もちろん、2001年9月11日のテロ攻撃は、とても許しがたく痛ましい出来事ではありましたが、その犠牲者数(3000人強)を圧倒的に上回る死者数を出しても、なお解決のめどが立たないイラク戦争。北米でも、多くの人達がこの戦争に疑問を持ち始めています。

そんな、先が見えない中での、ヒラリー・クリントン、2008年大統領選出馬表明。これを機に、この不確かな情勢が、いい方向に向かっていくことを願わずにはいられません。

さて、少し硬い話題になりましたが、このヒラリーさんの言葉“I am in. And I am in to win.”、様々な意味で、エイミーの心に響くものがありました。
“I am in.”は、とても便利で頻繁に利用されている言い回し。たとえば、「その仕事、私もやります」「メンバーになります」のように、「私もやりたい!」「私もやるわ!」という時に使います。そして、ポイントとなるのが次の繰り返し、“And I am in to win.”。直訳すると、「勝つため・成功するためにやります」。どうせやるんだったら、勝って・成功してみせるという強い意志が込められています。

I am in. And I am in to win.
この言葉を、エイミーの留学生活に当てはめてみました。私は今、カナダにいる。そう、もうすでに“in”の状態。そして、同じ留学生活なら、やっぱり“I am in to win.”でありたい。
2008年は、エイミーにとっても、カナダで自分の力を発揮する大切な年になるはず。同じ女性として、私も、ヒラリーさんのようにパワフルに、はりきっていこう。そして、成功してみせよう。

welcomeparty.jpg

9月に、インターナショナルクラブが主催したパーティーの会場の様子。カレッジ内の、フォーラムという、学生がランチを食べたり勉強したりする場所を貸りてパーティーを開催しました。
スポンサーサイト

コメント

あびいさん、こんにちは。そして始めまして。コメントどうもありがとうございます♪そうですよね~、滞在期間が長くなるほど、カナダにいることが出来るという“幸運”を忘れてしまいがちですよね。一日一日を、シャキっと背筋を伸ばして、大切に過ごしましょうね。お互いに!また遊びに来てください。

  • 2007/01/22(月) 15:40:44 |
  • URL |
  • エイミー #-
  • [ 編集 ]

エイミーさん、はじめまして。
あたしも、ヒラリーさんの「I am in to win」の言葉、すごく心に響きました。
エイミーさん同様、あたしも自分の夢を実現させるために、今カナダで暮らしてます。
ただ、滞在が長くなると、時々自分の道を見失ってしまう時があるんですよね。
このヒラリーさんの言葉で、背筋がシャキっとしました。
「to win」精神で、お互いがんばりましょうね☆

  • 2007/01/22(月) 11:24:01 |
  • URL |
  • あびい #uxXR52ms
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。